目の下クマの種類

目の下クマの種類

3種類の目の下のクマとその原因

 

目の下のクマには、主に3つの種類があります。

 

まず1つ目に青クマと呼ばれるものですね。これは目の下の皮膚が血行不良を起こしているために、青い色に見えてしまう状態です。
この症状を改善するための対策としては、蒸しタオルで目元を温めたり、マッサージをして血行を促進してあげるという方法があります。

 

それから、この青クマは寝不足が原因で起こることもあります。睡眠が不足していると、目の周囲の血行が滞ってしまう恐れがあるので、しっかり良質な睡眠をとって予防しましょう。

 

目の下のクマとその原因

 

次に2つ目のクマが、茶クマですね。茶クマは、その名の通り茶色い色をしています。

 

これは色素沈着により発生するクマです。例えば目をこするなど、刺激を与えてしまうと、この刺激からお肌を守ろうとメラニン色素が生成されます。

 

このメラニン色素が沈着してしまうと、茶色くくすんだ状態になってしまうわけですね。

 

原理としてはシミと同じですので、美白効果のあるコスメでケアしたり、紫外線対策をしっかり行っていくことで対策ができます。

 

そして3つ目のクマが、黒クマと言われるものです。これは加齢により、目元のお肌がたるむことで起こります。

 

目元の皮膚は薄いため、お肌が痩せて潤いや栄養を蓄えにくくなり、たるみを起こしやすくなっています。そうしてたるんだ皮膚が影を作り、黒いクマになってしまうというわけです。

 

黒クマに関しては、目元に潤いや栄養を与えることができるアイクリームを使用するのがおすすめです。アイクリームを塗布して、優しくマッサージを行えば、同時に血行不良も改善されます。

 

さらに血行不良が改善されれば、目元の皮膚のターンオーバーが促進され、茶クマもケアできます。目の下のクマは、それぞれの原因と対策法を理解して、しっかり予防・対処していくことが大切です。

 

ですが、目のクマ用のクリームを使ったマッサージなら、どの症状に対しても働きかけていくことができますので、目元をトータルでケアしたい方にはぴったりですね。

 

 

関連ページ

目の下のクマの色素沈着対策
目の下のクマの原因が色素沈着だった場合の対策にはどのようにすれば効果があるのでしょうか?